今すぐ試せる!生理前の頭皮や皮膚のかゆみを抑える4つの対処法

生理前 皮膚 頭皮 かゆみ 対処法

 

なんとなくイライラする、体がだるい、という症状が一般的な生理前。

 

「皮膚のトラブル」も生理と共にやってくる一般的な悩みですよね?

 

特に頭皮が痒くなったり、フケの量が増えたりするのには困ったものです。

 

では、生理前に発生する頭皮や皮膚のトラブルには、どういった対処法が有力なのでしょうか?

 

 

生理前に頭皮や皮膚トラブルが起こる3つの原因

 

生理前 皮膚 頭皮 かゆみ 対処法

 

生理前に発生する、頭皮や皮膚のトラブルはどうして起こるのか気になりますよね?

 

まずは原因が分からなければ、対処のしようがありませんからね。

 

原因不明な点も多いのですが、可能性として考えられているのは以下のようなものです。

 

  1. ホルモンバランスの乱れ
  2. 血行不良
  3. ターンオーバーサイクルの乱れ

 

どれもが原因になりうるものですから、次から詳しく見ていきます。

 

 

1:ホルモンバランスの乱れ

 

生理前 皮膚 頭皮 かゆみ 対処法

 

ホルモンバランスと生理による影響は肌にまで…。

 

女性が、妊娠して出産するまで体を支えてくれる女性ホルモン。

 

このホルモンは、肌にも影響を及ぼす物質です。

 

女性ホルモンの一種である、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は、皮脂分泌量を増加させる作用があります。

 

その影響から生理前には肌荒れやニキビが増えてしまうんですね。

 

プロゲステロンは生理前1週間に多く分泌されます。

 

この黄体期に起こる様々な症状の中に、皮膚トラブルがあるんです。

 

この時期不摂生をしていたり、スキンケアを怠ると皮膚の調子が悪くなって肌荒れを起こします。

 

頭皮もそうです。

 

頭皮はホルモンの影響を受けやすく、女性の脱毛症もホルモンバランスが影響しているといわれています。

 

スポンサーリンク

 

2:血行不良

 

生理前 皮膚 頭皮 かゆみ 対処法

 

生理前になると、血行不良を引き起こしやすくなり「体の冷え」を感じる人も多いでしょう。

 

プロゲステロンは、妊娠の準備を進めるために骨盤内に血液を集める動きをします。

 

すると全身を巡る血液量が不足していき、末端部分にまで十分に血液が送られなくなってしまうのです。

 

そのため手足の先が冷えたり、特に寒い訳でもないのに寒気が止まらないといった症状が出ます。

 

体が冷えると、血行不良を引き起こすとも言われており、その影響で頭皮や皮膚に十分な栄養が届かなります。

 

十分な栄養が届かなければ、元気な皮膚や頭皮を維持することが難しくなり、フケやかゆみ、ニキビなどのトラブルが起こるのです。

 

 

3:ターンオーバーサイクルの乱れ

 

生理前 皮膚 頭皮 かゆみ 対処法

 

生理前から生理の中間頃にかけて、ターンオーバーを促進させる働きを持っている卵胞ホルモンも少なくなります。

 

女性は月に半分は「ホルモンが皮膚へ影響する」と言っても過言ではありません。

 

肌のターンオーバーとは、古くなった細胞から新しい細胞へと入れ替える作業のことを指し、「肌の若返り」なんて表現もされています。

 

頭皮や皮膚を元気な状態にし、若々しい状態に保つにはターンオーバーサイクルを正常に保ち続けることが、何よりも大切になるのです。

 

ところが生理前になると、卵胞ホルモンが減少するのでターンオーバーサイクルが乱れやすい期間と言えるでしょう。

 

頭皮は毛穴が密集していて、皮脂の分泌量が他の皮膚よりも多いので、生理前になるとフケや頭皮のニキビで悩む場合が増えてくるのです。

 

肌に刺激を与えないようにして、この時期は皮膚に悪いピーリングや除毛なども避けるべきです。

 

 

生理前の頭皮や皮膚のかゆみを抑える4つの対処法

 

生理前 皮膚 頭皮 かゆみ 対処法

 

生理前に起こる頭皮や皮膚のかゆみですが、どのような対処法が有効なのでしょうか?

 

今のところ考えられている対処法としては、次のようなものがあります。

 

  1. 刺激の強い行為を避ける
  2. 炎症を抑えるシャンプーを使う
  3. 薬用クリームを使用する
  4. 生活習慣を改善する

 

どれも効果が期待できる方法ですので、試してみてくださいね。

 

 

1:刺激の強い行為を避ける

 

生理前 皮膚 頭皮 かゆみ 対処法

 

「生理前に頭がかゆくてしかたがない」という人は、少なくはありません。

 

生理前は皮膚トラブルが多くなる時期です。

 

頭皮への影響を考えてカラーリングやパーマリングなどは避けましょう。

 

髪の毛は生えるサイクル(毛周期)というものがあります。

 

皮膚のターンオーバーのように大切な役割を果たしているので、頭皮を荒らさないようにしないと脱毛症を引き起こす恐れも。

 

生理前は頭皮や皮膚もデリケートですから、刺激の強い行為は避けるべきでしょう。

 

もし生理前じゃなくても、カラーリング等で頭皮や皮膚にトラブルが起こるなら、体質の問題ですので皮膚科で相談をしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

2:炎症を抑えるシャンプーを使う

 

生理前 皮膚 頭皮 かゆみ 対処法

 

かゆみの原因は、皮膚や頭皮が「炎症を起こしている」という可能性もあります。

 

今じゃシャンプーや石鹸にも、炎症を抑える効果のある成分が入っていますよね?

 

そういったものを使うのも有効ですが、生理前はボディケアを欠かさないようにしましょう。

 

生理前はとにかく肌が敏感になり、乾燥肌になりやすい時期

 

これはホルモンバランスの乱れが影響しており、生理が終われば普通に戻るのが一般的です。

 

スキンケアを変える必要もなければ、何か特別なことをする必要もありません。

 

ただし、かゆみが強いときは、炎症を抑えてくれるシャンプー等を用いるようにしましょう。

 

 

3:薬用クリームを使用する

 

生理前 皮膚 頭皮 かゆみ 対処法

 

いたって普通のスキンケアで良いと思いますが、かゆみがある場合はまず炎症を抑えることを意識してください。

 

クリームは保湿力に優れていますが炎症に優れているものは少ないので、低刺激で抗炎症作用のあるコスメを使うのもアリ。

 

刺激になるようなことは避けて、体をしっかり保湿ケアをするとかゆみも収まるでしょう。

 

炎症がヒドくかゆみが強い場合には、皮膚科で処方されるかゆみ止めクリームなどを使用するのも有効です。

 

できれば病院で処方される薬用クリームのほうが良いですが、市販されているものでも効果はあります。

 

どちらにも共通する点ですが、使いすぎると逆に頭皮や皮膚のトラブルを発生させる原因となるので、用量や用法を守って使用してください。

 

 

4:生活習慣を改善する

 

生理前 皮膚 頭皮 かゆみ 対処法

 

生理前になると、頭皮や皮膚にトラブルが発生する人の多くは、生活習慣が乱れていると言われています。

 

3食しっかりと食べていますか?

 

睡眠時間は十分ですか?

 

生理前の女性の体は、とてもデリケートですから普段以上に気を使わなければいけません。

 

もしも生活習慣が乱れていたら、ターンオーバーサイクルも簡単に乱れてしまうので、生理前という条件が重なるとトラブルが増えてしまうのも仕方のないこと。

 

生活習慣を改善させるには、以下の点に注意してみてください。

 

  • 3食を決まった時間に食べる
  • 栄養バランスの整った食事を心掛ける
  • 睡眠の質を高める
  • 軽い運動を日課とする
  • 間食を避ける

 

どれも基本的なことですが、全てを実施していくのは意外にも大変。

 

最初は達成できていない項目の中から1つだけを選んで、重点的に取り組むという方法でも十分です。

 

少しずつ改善の方向へ向かっていくと、効果が見えてくるでしょう。

 

 

いかがでしたか?

 

生理前の頭皮や皮膚のかゆみの原因や、対処法について見ていきました。

 

女性にとって頭皮や皮膚のトラブルは、どうにかして避けたいものですよね。

 

対処法をぜひ参考にしていただき、トラブルの少ない生理前を過ごしましょう!