ストレスで生理がこない!ストレスが生理に与える3つの影響

生理がこない ストレス 不安

 

生理がこない・・・

 

いつも予定日に来ていた生理が、突然遅れだしたら心配になりますよね?

 

特に妊娠の可能性が排除できないのであれば、その不安はストレスに変わります。

 

生理がこない原因とストレスは、どういった関係があるのでしょうか?

 

また、生理がこない不安を解消するには、どういった方法があるのでしょうか。

 

 

ストレスによって生理がこない3つの理由

 

生理がこない ストレス 不安

 

生理がこないのは、「ストレス」が主な原因になっていると言われています。

 

昔に比べて女性の社会進出は、格段に増加している関係で、今までよりも過度なストレスを感じる人が増えているのです。

 

そのため、若い女性でも「生理がこない」ことで悩んでいる人が増加傾向に。

 

ストレスが、生理を遅らせる理由としては、以下のものが挙げられます。

 

  1. ホルモンバランスを崩れさせる
  2. 自律神経を狂わせる
  3. 体調不良を引き起こす

 

これらの原因について、次から詳しく見ていきます。

 

 

1:ホルモンバランスを崩れさせる

 

生理がこない ストレス 不安

 

ストレスは体内のホルモンバランスに大きく影響しています。

 

長期間ストレスを受け続けたり、一度に大きなストレスを受けると生理がこないといった症状として現れることがあるのです。

 

実際、更年期前に強いストレスから、早くに生理がこなくなってしまったという方はたくさんいます。

 

生理がこないのは序章として、そこからどんどん体調が悪くなった方も多いんです。

 

女性ホルモンは、不安やストレスなどの影響を受けやすく、すぐに乱れてしまう特徴があります。

 

生理不順で悩んでいる人や、生理が1か月以上もこないような人は、ストレスを過度に受けていないかを確かめてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

2:自律神経を狂わす

 

生理がこない ストレス 不安

 

長期間ストレスを受け続けると、「自律神経を狂わす」といわれています。

 

自律神経が狂ってしまうと、体内時計を正常な状態で運用できず、様々な体調の変化が訪れるのです。

 

生理を引き起こすのに欠かせない、黄体ホルモン(プロゲステロン)は、自律神経の影響を強く受けます。

 

ストレスや不安によって、自律神経が崩れてしまうと、それに連動するように黄体ホルモンの分泌量も乱れてしまい生理不順や無月経といった症状が発生するのです。

 

生理前になると、ちょっとしたことでもイライラしたりと、自分の感情をコントロールするのが難しくなりますよね?

 

この「もどかしさ」も、ストレスを感じる原因になるので、できるだけ生理前は心を安定に保つ努力をする必要があるでしょう。

 

 

3:体調不良を引き起こす

 

生理がこない ストレス 不安

 

強いストレスを「脳」が感じると、胃酸を多く分泌させるように指令を出します。

 

通常、食べ物を消化するために必要となる胃酸が、内容物が少ないのに大量に分泌されれば、胃壁を溶かしてしまうのです。

 

胃壁が溶けると、その部分が炎症を引き起こして「胃炎」を発症させてしまいます。

 

さらに、腸も悪影響を受けるため、「十二指腸潰瘍」といった病気になることも。

 

ストレスは心だけでなく、内臓にも大きな影響を与えるため、体調不良を引き起こし生理を遅らせてしまうのです。

 

 

「生理がこない」ときに取りたい5つの対処法

 

生理がこない ストレス 不安

 

生理がこないと不安になりますよね?

 

妊娠の可能性があれば、さらに不安が高まり、いつしか強いストレスへと変わっていきます。

 

するとストレスのせいで、また生理が遅れる…。

 

こんな悪循環に陥ってしまう人も多いのです。

 

では、生理がこないで不安な場合は、どういった対応を取るべきなのでしょうか?

 

それには以下の方法を試してみると良いでしょう。

 

  1. ストレスを発散する
  2. 食生活を見直す
  3. 体を温める
  4. あまり悩まない
  5. 産婦人科へ相談する

 

これらを取りいれることによって、生理がこない現象をストップしよう!

 

スポンサーリンク

 

1:ストレスを発散する

 

生理がこない ストレス 不安

 

生理がこない原因の一つにストレスがあります。

 

であるならば、一番重要な改善方法は「ストレスを発散する」という行動を取ることでしょう。

 

ストレスを発散させる一番良い方法は、夢中になっている状態を長くキープさせるというもの。

 

人間は時間が経つのも忘れるほど、何かに夢中になっているとストレスを多く発散できると言われています。

 

夢中になれるものといえば、「趣味」ですよね!

 

何でも良いので趣味を一つでも見つけて、生理前やストレスを感じているときに実践すると、大きな効果が期待できます。

 

ストレスを発散させる方法を持っておくと、「生理がこない」という悩みを解消できるかもしれませんよ。

 

 

2:食生活を見直す

 

生理がこない ストレス 不安

 

生理がこないでストレスや不安を感じているなら、「食生活」を見直してみると、そこからヒントを得られるかもしれません。

 

生理は多くのエネルギーを必要とします。

 

そのエネルギーが不足していれば、当然生理は遅れてしまうでしょう。

 

無理なダイエットをしていませんか?

 

忙しいのを理由にして、自炊じゃなく外食ばかりしていませんか?

 

食生活を見直すことは、健康的な毎日を送るためにも必要なもの。

 

生理がこないのであれば、か月前ぐらいからの食生活を思い起こしてみてください。

 

日記に何を食べたかを簡単に記録しておくと、後々役立つ時がくるでしょう。

 

いずれにしても、栄養バランスの良い食事を心掛けてみてください。

 

 

3:体を温める

 

生理がこない ストレス 不安

 

生理がこないことで、ストレスが溜まっているなら「体を温める」行動を取りましょう。

 

一見すると関係ないようにも思えますが、実は体の冷えと生理は深く繋がっているのです。

 

体が冷えているということは、血行不良を引き起こしている証拠。

 

血行不良になれば、血流の流れが悪くなるので血のめぐりが滞ります。

 

生理は、子宮内膜を経血経由で体外へ排出するという作業を行っているのですが、血行不良であれば血の流れが悪いので生理が遅れてしまうのです。

 

特に慢性的な冷え性で困っている人は要注意!

 

無月経の心配もあるので、なるべく体を温めるようにしてください。

 

  • 湯船にしっかり浸かる
  • 薄着しすぎない
  • 体を温めるものを摂取する(生姜湯、ホットミルクなど)
  • 適度に運動して基礎代謝を上げる
  • 冷房に当たりすぎない

 

こうした、基本的な部分を守るだけでも、体を冷やさないようすることは可能です。

 

毎日の生活に取りいれていきましょう!

 

 

4:あまり悩まない

 

生理がこない ストレス 不安

 

生理が遅れているから妊娠したのではないかと不安になっているときって、余計に生理が遅れることがあるんです。

 

「妊娠したのか?」という不安でさえ影響するのですから、かなりちょっとしたことでもホルモンへ大きく影響するのがよくわかりますよね。

 

  • お風呂にゆっくりつかる
  • リラックスしておいしいものを食べる
  • 早めにベッドへ入ってゆっくり体を休める

 

リラックスをして、あまり悩まないことも生理がこない状態の改善には重要です。

 

いつかくるさ

 

こういった気持ちの切り替えも、時には必要ですよ。

 

 

5:産婦人科へ相談する

 

生理がこない ストレス 不安

 

生理がこないで不安を強く感じるようでしたら、一度産婦人科へ行き相談してみましょう。

 

一人で悩むよりかは、専門医に相談してアドバイスを受けたほうが、心の負担を緩和できます。

 

もし病気によって生理がこないのであれば、診察の結果判明するかもしれません。

 

生理は憂鬱なものですが、とても大事な現象です。

 

ちょっとでも不安を感じたら、すぐにでも相談するようにしてください。

 

 

いかがでしたか?

 

生理がこないと、不安から強いストレスを感じてしまいますよね。

 

ストレスが生理をさらに遅らせる原因にもなるので、対処法を参考にして改善していきましょう。