妊娠の可能性あり?生理前の体調不良の原因と4つの改善方法

生理前 体調不良

 

現代女性は、生理前に体調不良になる方が増えています!

 

何か怖い病気では?

 

という疑いを抱いてしまうほど、症状がツライ場合も少なくありません。

 

生理前の体調不良を改善するには、どんな方法があるのでしょうか?

 

また、生理前の体調不良は「妊娠」という可能性もあるのでしょうか?

 

 

生理前に体調不良が起こる原因

 

生理前 体調不良

 

生理前に訪れる体調不良は、「月経前症候群」と呼ばれています。

 

個人差があるので一概には言えませんが、多くの女性が経験する症状ですから「怖い病気」ではありません。

 

では、どうして生理前になると体調不良が起こるのか、気になりますよね?

 

様々な原因が考えられていますが、主には「プロゲステロン(黄体ホルモン)の増加」が挙げられています。

 

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)の増加

 

生理前 体調不良

 

プロゲステロンは、妊娠や出産に備えた体づくりを促す作用を持っています。

 

そのため排卵後から分泌量が増加していき、体温を高く維持したり、栄養を蓄えるため体重が増えたりするのです。

 

しかし妊娠が成立していないことが判明すると、「生理」が始まりプロゲステロンの分泌量は急激に低下します。

 

プロゲステロンの分泌量が多い時期は、妊娠や出産に備えた体づくりをするので、体調不良を引き起こしやすくなるワケですね。

 

そして生理が始まったとたんに分泌量は低下するので、今までの体調不良がウソだったかのように楽になります。

 

では、月経前症候群には、どういった症状があるのでしょうか?

 

個人差が大きいのですが、基本的には以下のような症状があります。

 

  • 下腹部の痛み
  • 便秘
  • 下痢
  • 肌荒れ
  • むくみ
  • 吐き気
  • めまい
  • 頭痛
  • 腰痛

 

さらに、精神的なものとして、以下のような変化があります。

 

  • イライラ
  • 集中力の低下
  • 食欲が増える
  • 不眠症
  • 甘いものが欲しくなる

 

生理前にはこういった体調不良に悩まされ、1日起き上がれないという方もいます。

 

 

「妊娠」の可能性がある5つの症状

 

生理前 体調不良

 

排卵した直後に精子と巡り合って受精し、子宮内膜に着床すれば「妊娠」が成立します。

 

ですから、生理前に正常に着床していれば「妊娠超初期症状」が出る場合も、少なくはないのです。

 

生理前の体調不良が、妊娠の超初期症状である可能性はゼロでは無いというワケ。

 

妊娠超初期症状において、一般的に見られる症状は以下の通りです。

 

  1. 吐き気
  2. 微熱
  3. 下腹部の違和感
  4. 腰痛
  5. イライラ

 

この中でも、特徴的な症状である「吐き気」「微熱」「下腹部の違和感」について、見ていきます。

 

 

1:吐き気

 

生理前 体調不良

 

生理前の体調不良に、「吐き気」が混ざっていれば妊娠超初期症状の可能性があります。

 

しかも、その吐き気が継続して訪れたり、特定の食べ物を見て起こるようであれば、明らかな妊娠の症状です。

 

しかし、妊娠超初期症状には個人差が大きく、吐き気を全く感じなかったという人が多いのも事実。

 

ネットや雑誌などの体験談ばかりを信じていても、例外が必ずありますから、吐き気が無かったとしても「妊娠」という可能性を排除してはいけません。

 

吐き気には個人差があると心得ておきましょう。

 

 

2:微熱

 

生理前 体調不良

 

排卵期が終わり「黄体期」に入ると、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが多く分泌されるようになります。

 

この女性ホルモンは、基礎体温を高く維持する役割を持っているので、生理前は体温の高い状態が続くのです。

 

通常は生理が訪れれば、体温は正常の状態に戻るのですが、妊娠超初期症状であれば体温の低下はありません。

 

むしろ、生理が1週間以上も遅れていて、そのまま微熱の状態が続くのであれば妊娠の可能性は高いと言えるでしょう。

 

さらに「風邪」と似たような症状を訴える人もおり、ただの風邪だと思って薬を飲んでしまうケースもあります。

 

もし妊娠の可能性を排除できないのであれば、微熱があったとしても薬を飲むのは控えましょう。

 

スポンサーリンク

 

3:下腹部の違和感

 

生理前 体調不良

 

妊娠をすると、身体は出産に向けた準備に取り掛かります。

 

主には子宮を大きくしたり、赤ちゃんをお腹の中で育てるための「ベッド」を作成したりするんです。

 

すると下腹部に違和感を感じたり、「ズーン」とした重みを感じる場合が非常に多いと言われます。

 

下腹部から腰回りにかけて、ダルいような症状が生理前にあれば、それは妊娠している可能性がありますよ。

 

下腹部の違和感と同時に、腹痛や下痢といった症状が出てくる場合もありますが、こちらも身体の変化の一環ですので特に気にする必要はないようです。

 

 

月経前症候群と妊娠超初期症状を区別する方法

 

生理前 体調不良

 

さて、これまで「月経前症候群」と「妊娠超初期症状」による体調不良について、それぞれ見ていきました。

 

お気づきの人もいるかもしれませんが、両方とも症状が非常に「似ている」んです!

 

ですから、生理前の体調不良が「月経前症候群」なのか、「妊娠超初期症状」なのかを区別するのは、至難の業と言われています。

 

それでも、生理前に気になる症状があったら、どうにかして区別したいですよね?

 

確実ではありませんが、妊娠なのか生理前の体調不良なのかを区別する方法として、「基礎体温表の作成」があります。

 

 

基礎体温表で妊娠かどうかが分かる

 

生理前 体調不良

 

基礎体温とは、朝目覚めて身体を動かさずに、舌の裏側に専用の体温計を挟んで測定する体温のことを指します。

 

身体を動かしてしまうと、正確な基礎体温を記録できないので慎重に行う必要があるのです。

 

妊娠が成立していると、プロゲステロンの分泌が多い状態が続くので、基礎体温は高温を維持します。

 

排卵が終わった後から、基礎体温が高くなり、もし2週間以上も高温期が続くのであれば妊娠している可能性が高いと言えるでしょう。

 

さらに、妊娠が成立していると、高温期の最中に突然体温が下がる日が出てきます。

 

これを「インプランテーションディップ」と呼び、妊娠している証拠ともいえる現象です。

 

しかし、医学的な根拠はありませんので、あくまでも参考として考えてください。

 

 

生理前の体調不良を改善する4つの方法

 

生理前 体調不良

 

生理前の体調不良は、全く消し去ってしまうことはできませんが、少しでも改善することは可能です。

 

その方法には、以下のようなものがあります。

 

  1. ストレスを発散する
  2. 身体を温める
  3. 規則正しい生活
  4. 適度な運動

 

それぞれ、方法などが異なりますので次から紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

1:ストレスを発散する

 

生理前 体調不良

 

プロゲステロンの分泌量は、精神的な状態によって大きく左右されます。

 

ビジネスやプライベートなどで、ストレスを多く抱えやすいのが現代社会の特徴ですよね?

 

過度なストレスを常に抱えていると、精神的な負担を強めてしまい、自律神経を乱れさせます。

 

こうなると、ホルモンバランスが大きく乱れてしまうので、余計に生理前の体調不良を悪化させてしまうのです。

 

ですから、生理前は特にストレスを溜めこまないように、自分なりの「ストレス発散方法」を見つけておきましょう。

 

自分がリラックスできれば良いので、方法はなんでも構いません。

 

 

2:身体を温める

 

生理前 体調不良

 

あまり意識していない人が多いのですが、生理前の体調不良を改善するには、「身体を温める」という方法が効果的なのです!

 

身体が冷えれば、体内を流れる血液の循環も、上手く行われません。

 

つまり血行不良に陥ってしまうんですね。

 

血のめぐりが悪いと、体の様々な場所に不調を生じさせるだけでなく、自律神経を乱れさせる原因にもなります。

 

これでは、生理前の症状を悪化させかねないので、冷やさないように注意しましょう。

 

  • 薄着を避ける
  • 温かい飲み物を常備する
  • 湯船にしっかりと浸かる

 

こうした方法でも、効果が見込めるので日常生活に取り入れてみましょう。

 

 

3:規則正しい生活

 

生理前 体調不良

 

生理前の体調不良を改善したければ、規則正しい生活を心掛けることが何よりも大切です。

 

睡眠時間食事の時間などをできるだけ統一させて、生活に一定のリズムをつけさせてください。

 

ですが、食事の時間は「夕食」がどうして遅くなってしまうこともあるでしょう。

 

そのため、最低でも朝と昼だけは、決めた時間に食べるよう調節しましょう。

 

生活に自分のリズムが出てくれば、自律神経が安定するので生理前の体調不良の改善が可能ですよ。

 

 

4:適度な運動

 

生理前 体調不良

 

運動が健康的な毎日を送る上で欠かせないことは、誰もが理解していますよね?

 

分かってはいるけれども、継続的に運動を続けられない人が多いのも事実です。

 

しかし、生理前の体調不良を改善させるには、適度な運動を継続的に行うことが大事

 

血行促進や基礎代謝を上げるなどの効果が期待できるので、生理が終わった後の体質改善も期待できます。

 

運動が苦手だという人は、早歩きや通勤時の階段の利用など、日常生活での行動を少し見直すだけでも運動はできますよ。

 

 

いかがでしたか?

 

生理前の体調不良は、妊娠の可能性もあるんですね。

 

少しでも体調不良を改善できる方法も掲載しているので、参考にしてみてください。

PMSサプリおすすめランキング!優秀なサプリメント3選


女性のミカタ
女性のミカタは、2種類のサプリがあります。

・下腹部が痛い、頭痛がするなどPMSの身体的症状により効果的な“すこやか編“

・イライラや情緒不安定など精神的な症状に効果的な“やすらぎ編”

チェストベリーと月見草オイルの含有量が変わってきますので、自分に合う方を選ぶと良いでしょう。

価格

容量

評価

通常1,833円+税・送料

定期コース初回907円+税

2ヶ月目以降1,650円+税

60粒(1ヶ月分)

生理前 体調不良

生理前 体調不良


ルナベリー
ルナベリーはPMSの症状に効果的なチェストツリーが40mg、月見草オイルが100mgも配合されています。

飲み続けていくことで効果を実感できると、リピーター率も抜群に高いです

4ヶ月試して効果がなかった人のために、全額返金保証もついていますので安心して試すことができますよ!

価格

容量

評価

通常価格4,400円

トクトクコース初回500円

2ヶ月目以降3,960円

30粒(1ヶ月分)

生理前 体調不良

生理前 体調不良


めぐルナ
めぐルナは生理前の不快な症状の中で、不眠や便秘気味の方にもっともオススメしたいサプリメントです。

チェストベリーやクワンソウ、高麗人参、生姜などこだわり抜いた原料は、体質改善にも効果があります。

添加物が入っていないのも嬉しいポイントですよね!

価格

容量

評価

通常価格5,200円+税・送料

定期コース初回980円+税

2回目以降3,980円+税

31粒(1ヶ月分)

生理前 体調不良

生理前 体調不良



スポンサーリンク



他にこんな記事も読まれています


生理前 体調不良
辛い生理痛は病気…?生理痛がひどい場合に考えられる3つの病気


生理前 体調不良
生理前に症状がないのはおかしい?!症状がでない5つの原因とは


生理前 体調不良
【眠気対策】生理前の症状、「眠気」を解消する6つの方法


生理前 体調不良
PMSの辛い症状をサプリで改善!PMSに効果があるサプリ3選


生理前 体調不良
生理前の便秘の症状を改善する5つの方法


生理前 体調不良
生理前に腹痛が起こる原因と5つの改善方法


生理前 体調不良
もしかして妊娠?生理前の症状と妊娠兆候を見分ける4つの違い!


生理前 体調不良
生理前の頭痛の症状を和らげる5つの方法


生理前 体調不良
吐き気がヒドイ…生理前の吐き気の症状を緩和する4つの改善方法


生理前 体調不良
生理前の微熱症状が辛い…微熱や吐き気の原因や対処法


生理前 体調不良
【重要】生理前の食欲異常の症状を改善する4つの方法


生理前 体調不良
生理前の腹痛がツライ…!生理前に腹痛や下痢が起こる5つの原因


生理前 体調不良
【重要】生理前の食欲異常の症状を改善する4つの方法