【重要】生理前の食欲異常の症状を改善する4つの方法

生理前 食欲異常

 

生理前になると、食欲が異常になる症状を自覚する人も多いのではないでしょうか?

 

いくら食べても、満たされない。

 

逆に、お腹が空いているハズなのに、食欲が湧かない

 

こうした食欲の異常が生理前に起こるのは、どういった原因が考えられるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

止まらない…!生理前に食欲の異常が起こる3つの原因

 

生理前 食欲異常

 

生理前に食欲に異常が起こる原因としては、以下に挙げるものが考えられています。

 

  1. 黄体ホルモンの増加
  2. ストレス
  3. プロスタグランジンの増加

 

この3つが、深く関係していると言われていますので、次から詳しく見ていきます。

 

 

1:黄体ホルモンの増加

 

生理前 食欲異常

 

生理前は様々な症状が起こります。

 

その原因となっているのが、女性ホルモンの一種である「黄体ホルモン」です。

 

女性ホルモンの分泌から下腹部の痛みが起こったり、黄体ホルモンのせいで肌荒れがおきたりと様々な症状があります。

 

ホルモンバランスの変化から吐き気やにおいに敏感になるなど、妊娠に似た兆候も起こります。

 

こうした異常の中で、食欲の変化もその一つとして考えられているのです。

 

「甘いものが欲しい」

 

「喉が渇いた」

 

こういった症状も食欲の変化として分類されていますが、一言でいえば黄体ホルモンの増加のせいだといえます。

 

例えば生理時に経血を排出する関係で、血液が子宮に集まりますよね。

 

全身が血行不良の状態だから、水分を欲しがります。

 

血糖値バランスがおかしくなるので、甘いものが食べたいとも思うでしょう。

 

自律神経バランスが崩れて胃腸機能や満腹中枢がコントロールできず常に何かを食べたいという衝動にかられることもあります。
また、吐き気のせいから何かを口に含んでおきたいと思い、唾液が分泌されるためお腹がすいたと勘違いするということも考えられるのです。

 

反対に吐き気のせいで食欲が減るということもあるでしょう。

 

 

2:ストレス

 

生理前 食欲異常

 

生理前の食欲異常と深い関係があると言われているのが、ストレスです。

 

生理前になると、黄体ホルモンが増加する関係で感情のコントロールが難しくなります。

 

いつもはあまり気にしない些細な相手の態度が、妙に感情を騒ぎ立ててしまったり、イライラしやすくなるといった変化が生理前には起こりやすくなるのです。

 

ストレスが体に様々な悪影響を与えているのは、多くの人が経験から理解していますよね?

 

体内の中でも、ストレスに敏感なのは胃腸だと言われています。

 

ストレスを脳が感知すると、食べ物が入っていないのに胃酸を多く分泌させるようにと命令を出すのです。

 

食べ物が胃の中に入っていない状態なのに、胃酸が出てしまえば胃壁が溶けてしまい、胃炎を引き起こしてしまいます。

 

すると胃もたれや胃痛の原因となり、食欲が無くなってしまうのです。

 

また、ストレスは満腹中枢にも刺激を与えることが分かっており、食欲を増す場合もあります。

 

どちらの異常にしても、ストレスが深く関係しているのは間違いありません。

 

スポンサーリンク

 

3:プロスタグランジンの増加

 

生理前 食欲異常

 

あまり聞いたことのない名称かもしれませんが、生理前から体内で分泌される量が増えるのが、「プロスタグランジン」という物質です。

 

プロスタグランジンは、剥がれた子宮内膜を経血を利用して体外へ排出するという「生理」を、上手く行うために分泌される非常に大切な物質。

 

ところが、生理前に必要以上にプロスタグランジンが増加すると、血行不良を引き起こしたり、子宮の収縮作用が強く働いてしまうので下腹部痛がヒドくなるといった症状が出てしまいます。

 

血行不良を引き起こせば、貧血の症状が出てしまうので食欲の低下を招いてしまうでしょう。

 

生理前からプロスタグランジンの分泌量が、どうして増加するのかに関しては色々と研究が進められていますがハッキリとは分かっていません。

 

ですが女性ホルモンバランスの乱れが関係しているということは、ある程度分かっています。

 

ストレスや生活習慣の乱れなどが、食欲の異常に間接的にかかわっている可能性もありますので、十分に注意をしながら生理前を過ごす必要があるでしょう。

 

 

生理前の食欲異常を改善する4つの方法

 

生理前 食欲異常

 

食欲の異常の中でも、食欲が増してしまう点を悩んでいる人も多いですよね?

 

どうすれば、食べ過ぎてしまう食欲の異常を改善させられるのか、気になるところでもあります。

 

今のところ考えられている改善方法としては、以下のようなものがあります。

 

  1. ダイエットを避ける
  2. よく噛んで食べる
  3. 1日5食の食生活にする
  4. 入浴は避ける

 

異常なほどの食欲を感じたら、これらの改善方法を試してみてください!

 

 

1:ダイエットを避ける

 

生理前 食欲異常

 

異常なほどの食欲を感じている方は必ずいます。

 

「生理前は体重が増える」と、言われているのはこのせいです。

 

異常なほどの食欲、別に病気ではありません。

 

ホルモンの変化によって現れるものなので、特に気にせず通常通りの食生活を意識しましょう。

 

「体重が増えるから」と生理前のダイエットに炭水化物を控えたり、甘いものを抑制するから更にお腹が減った状態になっているのかもしれません。

 

過剰なダイエットで体にストレスを与えていませんか?

 

生理前の食欲はコントロールした方が痩せやすい体になります。

 

異常だと騒がず慌てずいつも通りの食生活を送りましょう。

 

ダイエットは逆に体調を崩してしまうので、避けてくださいね。

 

 

2:よく噛んで食べる

 

生理前 食欲異常

 

生理前の食欲異常の症状を改善させるには、「食べ方」に注意を向けることが大切です。

 

子どもの頃から、「よく噛んで食べなさい」と何度も教えられましたよね?

 

実は生理前の食欲異常を改善するためには、「よく噛んで食べる」という基本的な食べ方が重要となります。

 

よく噛むことで満腹中枢を刺激するので、少量でも満腹感を得られるようになり、必要以上のカロリー摂取を抑えられるのです。

 

あまりにもお腹が空いている状態ですと、噛まずに「飲み込む」ようにして食べてしまいがち。

 

ドカ食いと呼ばれるこの状態は、胃腸に大きな負担をかけるだけでなく、血糖値を急激に上昇させてしまうため、少し時間が経過すると再びお腹が空いてしまいます。

 

よく噛んで、味わいながら食べましょう。

 

 

3:1日5食の食生活にする

 

生理前 食欲異常

 

満腹中枢を刺激し、空腹を避けることが結果的に太りにくい状態を維持することが可能です。

 

そのためには、食生活そのものを見直してみる必要があるでしょう。

 

みなさんは、1日何食ですか?

 

ほとんどの人は、1日3食のケースに当てはまるのではないでしょうか。

 

ところが、生理前の食欲異常の症状を改善するには、1日3食では不十分。

 

できれば1日5食の食生活を実現させてほしいのです。

 

というのも、血糖値が低下してお腹が空いた状態ですと、必要以上の食事量になってしまい、結果的に食べ過ぎを招いてしまいます。

 

そこで血糖値の低下をゆるやかにするために、あまりお腹が空かない状態を維持させると、生理前の異常な食欲を抑えられるのです。

 

それには、1日5食が理想で、朝と昼の間に間食、昼と夕の間に間食を入れると、さほど空腹を覚えることなく、メインの3食の時間がやってくるので食べ過ぎを防止できます。

 

もちろん総摂取カロリーは、5食分トータルで考える必要があるので注意してくださいね。

 

一例を以下に記します。

 

  • 6時に朝食
  • 10時に間食
  • 13時に昼食
  • 16時に間食
  • 19時に夕食

 

こんな風な食生活を心掛けてみてください!

 

 

4:入浴は避ける

 

生理前 食欲異常

 

生理前に食欲に異常を感じているのであれば、入浴はできるだけ避けるようにしてください。

 

入浴をすると、体温が上昇し血行が促進されるのと同時に、基礎代謝も上がるのでカロリーを消費するため、余計に空腹を覚えてしまいます。

 

生理前は体を冷やすのはNGだから、入浴を薦められる場合が多いですよね?

 

しかし、食欲の異常を改善させたいのであればシャワーのみにするべきで、体を温めるには違う方法を採用するべきでしょう。

 

 

いかがでしたか?

 

生理前に食欲の異常を感じる原因と、対処法についていくつか紹介していきました。

 

普段の生活にも、改善点がありますので地道に行動していき、食欲の異常という症状を無くしていきましょう!

PMSサプリおすすめランキング!優秀なサプリメント3選


女性のミカタ
女性のミカタは、2種類のサプリがあります。

・下腹部が痛い、頭痛がするなどPMSの身体的症状により効果的な“すこやか編“

・イライラや情緒不安定など精神的な症状に効果的な“やすらぎ編”

チェストベリーと月見草オイルの含有量が変わってきますので、自分に合う方を選ぶと良いでしょう。

価格

容量

評価

通常1,833円+税・送料

定期コース初回907円+税

2ヶ月目以降1,650円+税

60粒(1ヶ月分)

生理前 食欲異常

生理前 食欲異常


ルナベリー
ルナベリーはPMSの症状に効果的なチェストツリーが40mg、月見草オイルが100mgも配合されています。

飲み続けていくことで効果を実感できると、リピーター率も抜群に高いです

4ヶ月試して効果がなかった人のために、全額返金保証もついていますので安心して試すことができますよ!

価格

容量

評価

通常価格4,400円

トクトクコース初回500円

2ヶ月目以降3,960円

30粒(1ヶ月分)

生理前 食欲異常

生理前 食欲異常


めぐルナ
めぐルナは生理前の不快な症状の中で、不眠や便秘気味の方にもっともオススメしたいサプリメントです。

チェストベリーやクワンソウ、高麗人参、生姜などこだわり抜いた原料は、体質改善にも効果があります。

添加物が入っていないのも嬉しいポイントですよね!

価格

容量

評価

通常価格5,200円+税・送料

定期コース初回980円+税

2回目以降3,980円+税

31粒(1ヶ月分)

生理前 食欲異常

生理前 食欲異常



スポンサーリンク



他にこんな記事も読まれています


生理前 食欲異常
辛い生理痛は病気…?生理痛がひどい場合に考えられる3つの病気


生理前 食欲異常
生理前に症状がないのはおかしい?!症状がでない5つの原因とは


生理前 食欲異常
【眠気対策】生理前の症状、「眠気」を解消する6つの方法


生理前 食欲異常
PMSの辛い症状をサプリで改善!PMSに効果があるサプリ3選


生理前 食欲異常
生理前の便秘の症状を改善する5つの方法


生理前 食欲異常
生理前に腹痛が起こる原因と5つの改善方法


生理前 食欲異常
もしかして妊娠?生理前の症状と妊娠兆候を見分ける4つの違い!


生理前 食欲異常
生理前の頭痛の症状を和らげる5つの方法


生理前 食欲異常
吐き気がヒドイ…生理前の吐き気の症状を緩和する4つの改善方法


生理前 食欲異常
生理前の微熱症状が辛い…微熱や吐き気の原因や対処法


生理前 食欲異常
【重要】生理前の食欲異常の症状を改善する4つの方法


生理前 食欲異常
生理前の腹痛がツライ…!生理前に腹痛や下痢が起こる5つの原因


生理前 食欲異常
【重要】生理前の食欲異常の症状を改善する4つの方法