生理前に甘いものが食べたい原因と4つの対処法

生理前 甘いもの

 

生理前になると、いつも以上に「甘いもの」が食べたくなりませんか?

 

ダイエットを励んでいる人にとって、体が求めるこの欲求は鬱陶しい以外にありませんよね。

 

では、どうして生理前になると、甘いものを欲しがったりするのでしょうか?

 

また、どういった対策を取ると、欲求を抑えられるのでしょうか。

 

 

生理前に甘いものが欲しくなる3つの原因

 

生理前 甘いもの

 

生理前に甘いものを食べたい原因は何なのか、気になりますよね。

 

その原因としては、主に以下に挙げるものが関係していると言われています。

 

  1. ストレス
  2. 黄体ホルモンの増加
  3. 嗜好の変化

 

これらはどれも重要なので、次から詳しく見ていきます。

 

 

1:ストレス

 

生理前 甘いもの

 

人間はストレスを感じると、まずは脳がその情報をキャッチして処理を施します。

 

ところが、このストレスというものは想像以上の情報量を持っており、脳がその処理をするのに多くのエネルギーを使うのです。

 

脳のエネルギー源は「ブドウ糖」ですから、ストレスで消費されたブドウ糖を補給するために、甘いものを要求してきます。

 

甘いものを食べたい原因として、一番に考えられるのがストレスだと理由は、こういった脳とストレスの関係があるんですね。

 

さらに、ストレスを感じて糖を欲しがるという体の機能も原因ですが、本能で食べたいと感じているので気づかないうちに食べてしまう人もいます。

 

また、黄体ホルモンには食欲増進の働きもあるので、生理前に食欲に悩まされる方も多いでしょう。

 

「甘いものが食べたい」と思っているときに、食欲が増すとどうなるでしょう?

 

食べ過ぎちゃいますよね!

 

月経前は体が体温を上げよう!あげよう!としているので、余計に糖を欲しがってしまうでしょう。

 

スポンサーリンク

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!
食事による体質改善法

 

 

2:黄体ホルモンの増加

 

生理前 甘いもの

 

さきほどもチラリと出てきましたが、「黄体ホルモン」が増加すると甘いものを食べたいと感じるようになります。

 

どうしてかというと、黄体ホルモンは「妊娠」を想定した働きを体内で行うからです。

 

お腹の中で赤ちゃんを育てて出産まで持っていくには、かなりの栄養が必要となります。

 

事前に栄養を蓄えておけば、万が一の状況に陥っても出産を成功させられる可能性は高まるでしょう。

 

黄体ホルモンは、妊娠超初期の頃に栄養を補給させることを目的にして、甘いものを欲するのです。

 

しかし妊娠の可能性がない人は、生理が始まった日から、甘いものへの欲求は減っていきます。

 

なぜなら、妊娠の可能性がなくなれば栄養を体内に蓄えておく必要がないから。

 

黄体ホルモンの分泌量が増加すると、甘いものを食べたくなるのは、こうした理由が関係しているんですね。

 

 

3:嗜好の変化

 

生理前 甘いもの

 

生理前になると、いつもはあまり好きではない食べ物を、なぜだか食べたくなってしまうという経験をしたことはありませんか?

 

実は生理前になると、嗜好が変化する場合があるのです。

 

好きな食べ物が変わってしまうと理由については、色々と考えられていますが結論には至っていません。

 

おそらく、女性ホルモンのバランスが乱れることによって、自律神経の調子が悪くなり、「味覚」に変化が出ているのではないかと言われています。

 

普段は甘いものを「食べたい!」と思ったことが無い人が、なぜか生理前になると甘いものを欲するようになるのは、とっても不思議な気分になりますよね。

 

嗜好の変化は、生理1週間前から生理当日まで続く場合が多く、生理が始まると通常の状態に戻ります。

 

自分の体が悪くなったというよりかは、生理前に見られる一時的な変化ですので、あまり気にしないほうが良いかもしれません。

 

 

生理前に甘いもが欲しくならない4つの対処法

 

生理前 甘いもの

 

生理前に甘いものを食べたい原因について見ていきました。

 

ここで一番切に思うのが、「どうすれば甘いものへの欲求を和らげられるのか?」という点でしょう。

 

ダイエットに励んでいる人や、スタイルを維持したい人にとってみれば甘いものへの欲求は、どうにかして退けたいもの。

 

甘いものを欲しいという欲求に対処するためには、以下の方法を用いると良いでしょう。

 

  1. 我慢に慣れるようにする
  2. サプリメントを摂る
  3. 食事の回数を増やす
  4. ストレスを発散する

 

それぞれ、対処として重要ですので、次から詳しく見ていきます。

 

 

1:我慢に慣れるようにする

 

生理前 甘いもの

 

もし生理前に糖質を摂りすぎて太ってしまうのが嫌だという方は、絶対に甘いものに誘惑されないようにしましょう。

 

血糖値を安定させることが大切ですが、まずは「我慢」が必要です。

 

とは言っても、我慢ができれば苦労はしていませんよね?

 

甘いものへの欲求は、黄体ホルモンが栄養を蓄えようとする働きによるもの。

 

それは妊娠に備えた動きであり、妊娠の可能性がなければ甘いものへの欲求は無視して構いません。

 

体が求めているとは言っても、受け止める必要はありませんので、しっかりと「我慢」をしていきましょう。

 

我慢はずっと続けていると、次第に慣れていきます。

 

我慢に慣れるためには、以下の方法を試してみてください!

 

  • 甘い食べ物を見ない
  • 甘いものを食べたくなったら、酸っぱいものを食べる
  • 違うことを考える
  • 満腹にする

 

これらを実施することによって、我慢に慣れることが可能でしょう。

 

意志が弱いと考えている人は、どうぞ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

2:サプリメントを摂る

 

生理前 甘いもの

 

人間は血糖値が低下すると、空腹を覚えますし糖分を欲しがります。

 

ということは、血糖値を急激に低下させないような体作りが必要となる訳です。

 

血糖値を安定させるには、炭水化物をしっかり取ってそれをエネルギーに変えることが大切です。

 

運動も効果的ですし、血糖値を安定させるために毎日ストレッチをしたり、サプリメントを飲むのも良いでしょう。

 

生理前の運動は、生理痛の緩和にもつながります!

 

運動をすると、筋肉量が増加して基礎代謝が増えるので、脂肪燃焼の効果が高まります。

 

脂肪が燃焼すると、そこから栄養素が出てくるので、脳はそこから栄養を吸収するため血糖値が安定するのです。

 

運動やサプリメントなどを効率よく用いて、生理前の甘いものへの欲求に対処しましょう!

 

 

3:食事の回数を増やす

 

生理前 甘いもの

 

空腹になると甘いものが食べたくなりますよね?

 

だから、食事回数を増やすというのも、一つの対策となります。

 

1食分の食事を数回に分けることで、満腹感が増して甘いものを食べたいと思わなくなるでしょう。

 

理想は1日5食です。

 

もちろん、総摂取カロリーは3食でも5食でも同じにする必要はありますので、そこだけは理解しておいてください。

 

イメージが中々掴めないところですから、一例を以下に記述するので参考にしてみてくださいね。

 

  • 7時に朝食
  • 10時に間食
  • 13時に昼食
  • 16時に間食
  • 19時に夕食

 

こんな風に、朝食と昼食、昼食と夕食の間に間食を入れて、空腹状態をできるだけ避けるのが狙いです。

 

空腹が強くなれば、血糖的が低下していることを意味しているので、甘いものが食べたくなります。

 

空腹を避ける意味でも、1日5食を心掛けましょう。

 

 

4:ストレスを発散する

 

生理前 甘いもの

 

生理前になると、イライラしたりストレスが溜まりやすくなってしまいます。

 

いつもは気にならない、些細な部分にもイライラしてしまうのでストレスがどんどん溜まるのが生理前の特徴です。

 

ストレスは脳にかなりの情報を送るので、すぐに脳が疲れてしまい甘いものを要求してきます。

 

それを防ぐためには、ストレスを溜めすぎない工夫が必要となるでしょう。

 

ストレスの発散方法は人によって違いますので、自分の中で効果がある方法を試してみるのが一番!

 

ストレスを発散できれば、生理前であっても甘い食べ物の欲求を防ぐことができますよ。

 

 

いかがでしたか?

 

生理前になると甘いものを食べたくなる原因と、対処法について見ていきました。

 

甘いものを欲するのは、黄体ホルモンが関係しているので避けて通ることはできません。

 

いかに我慢をするかが大切なので、対処法を参考にして自分なりの対策を練ってみてくださいね!

PMSサプリおすすめランキング!優秀なサプリメント3選


女性のミカタ
女性のミカタは、2種類のサプリがあります。

・下腹部が痛い、頭痛がするなどPMSの身体的症状により効果的な“すこやか編“

・イライラや情緒不安定など精神的な症状に効果的な“やすらぎ編”

チェストベリーと月見草オイルの含有量が変わってきますので、自分に合う方を選ぶと良いでしょう。

価格

容量

評価

通常1,833円+税・送料

定期コース初回907円+税

2ヶ月目以降1,650円+税

60粒(1ヶ月分)

生理前 甘いもの

生理前 甘いもの


ルナベリー
ルナベリーはPMSの症状に効果的なチェストツリーが40mg、月見草オイルが100mgも配合されています。

飲み続けていくことで効果を実感できると、リピーター率も抜群に高いです

4ヶ月試して効果がなかった人のために、全額返金保証もついていますので安心して試すことができますよ!

価格

容量

評価

通常価格4,400円

トクトクコース初回500円

2ヶ月目以降3,960円

30粒(1ヶ月分)

生理前 甘いもの

生理前 甘いもの


めぐルナ
めぐルナは生理前の不快な症状の中で、不眠や便秘気味の方にもっともオススメしたいサプリメントです。

チェストベリーやクワンソウ、高麗人参、生姜などこだわり抜いた原料は、体質改善にも効果があります。

添加物が入っていないのも嬉しいポイントですよね!

価格

容量

評価

通常価格5,200円+税・送料

定期コース初回980円+税

2回目以降3,980円+税

31粒(1ヶ月分)

生理前 甘いもの

生理前 甘いもの



スポンサーリンク



他にこんな記事も読まれています


生理前 甘いもの
辛い生理痛は病気…?生理痛がひどい場合に考えられる3つの病気


生理前 甘いもの
生理前に症状がないのはおかしい?!症状がでない5つの原因とは


生理前 甘いもの
【眠気対策】生理前の症状、「眠気」を解消する6つの方法


生理前 甘いもの
PMSの辛い症状をサプリで改善!PMSに効果があるサプリ3選


生理前 甘いもの
生理前の便秘の症状を改善する5つの方法


生理前 甘いもの
生理前に腹痛が起こる原因と5つの改善方法


生理前 甘いもの
もしかして妊娠?生理前の症状と妊娠兆候を見分ける4つの違い!


生理前 甘いもの
生理前の頭痛の症状を和らげる5つの方法


生理前 甘いもの
吐き気がヒドイ…生理前の吐き気の症状を緩和する4つの改善方法


生理前 甘いもの
生理前の微熱症状が辛い…微熱や吐き気の原因や対処法


生理前 甘いもの
【重要】生理前の食欲異常の症状を改善する4つの方法


生理前 甘いもの
生理前の腹痛がツライ…!生理前に腹痛や下痢が起こる5つの原因


生理前 甘いもの
【重要】生理前の食欲異常の症状を改善する4つの方法