生理前の便秘の症状を改善する5つの方法

生理前 便秘 症状 改善

 

生理前の身体的な変化として、「体重の増加」がありますよね?

 

それってただ原因は水分だと思われがちですが、案外便秘が原因だったという事もあるようです。

 

生理前の場合は、特に下腹部のぽっこりお腹が目立ちます。

 

便秘とは無縁の方でも生理前になるとどうしてもお腹がはる、体重が増えるという場合も少なくありません。

 

なぜ便が出なくなるのでしょうか?

 

そしてどうやったら対策できるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

生理前の便秘を引き起こす原因とは?

 

生理前 便秘 症状 改善

 

生理前に、女性が便秘になる原因は様々です。

 

ですが、「女性ホルモン」が関係して便秘が起こるのは日常茶飯事です。

 

ダイエットをしていて便秘になったら、きっと不規則な食事と過剰な運動でホルモンバランスが乱れてしまったと考えられるでしょう。
ホルモンは腸内の機能に大きく影響します。

 

ですから生理前は、腸の働きが悪くなり便が出なくなる可能性があるんです。

 

その大きな原因を担っているのは、「黄体ホルモン」です。

 

黄体ホルモンは、月経の為には必要不可欠な物質ですがこれが原因で様々な症状が起こります。

 

腸への働きもその一つです。

 

生理前に始まる不快な症状、すべてがホルモンのせいではありませんが、生理前だけ便が出ないという方はきっとホルモンが一番の原因ですね。

 

身体のむくみ、下腹部のポッコリ感、ちょっと体重が増えたなと思ったら便秘を疑ってください。

 

 

早く知りたかった!生理前の便秘を改善する5つの方法

 

生理前 便秘 症状 改善

 

生理前の便秘の症状を引き起こす原因が分かりました。

 

では、生理前の便秘の症状を改善するには、どういった方法を用いるべきなのでしょうか?

 

生理前の便秘の症状を改善する方法としては、主に以下に挙げるものが有効だと言われています。

 

  1. 水分をしっかりと取る
  2. 便秘薬を使う
  3. オリゴ糖を摂取する
  4. 腸内の善玉菌を増やす
  5. 規則正しい生活を送る

 

これらが、どうして生理前の便秘を解消する効果を持っているのか、次から詳しく見ていきます。

 

 

1:水分をしっかりと取る

 

生理前 便秘 症状 改善

 

日常生活に差しさわりがあるほど便秘の症状がひどければ、真っ先に対策をした方が良いのは便通です。

 

腸の働きをよくすると、その他の症状も少しは和らぐかもしれませんね。

 

その対策方法とは「水分を取ること」です。

 

女性ホルモン(黄体ホルモン)は、生理に向けて水分を身体に溜めこんでいく働きがあります。

 

だから排出される水分量が減っている状態。

 

水分をたくさん取ると便が出やすくなる、という基本的な対策を行いましょう。

 

腸が水分を十分に持っていると、便通も良くなり症状が緩和されるでしょう。

 

また、便秘と言っても一時的なことであれば特に気にしなくても大丈夫です。

 

 

2:便秘薬を使う

 

生理前 便秘 症状 改善

 

生理前の便秘によって、お腹が張ったり重苦しく感じるようなら、便秘薬に頼ってみるのもアリです。

 

妊娠の可能性が排除できないのであれば、薬の使用は控えるべきですが、妊娠の可能性が無いと断定できる状況であれば便秘薬を使ってみてください。

 

下剤として市販されている薬は、種類がとても多いのですが、人気が高いのは「刺激性下剤」と呼ばれるタイプです。

 

これは、アロエやセンナといった、腸内に刺激を与える成分が含まれている薬を指し、便秘で悩む多くの人を救ってきたと言われています。

 

生理前になると、黄体ホルモンの影響で腸の働きが弱くなります。

 

刺激性のある成分が配合された便秘薬を使うと、腸の運動(ぜんどう運動)を強制的に活発にしてくれるので、排便を促してくれるのです。

 

経口投与タイプの下剤は、即効性に乏しいのが現実であり、即効性の高い便秘薬を求めるなら「浣腸」がおススメ。

 

グリセリンと呼ばれる潤滑効果のある液体を肛門から直接直腸に注入することにより、腸壁と大便の間にある摩擦を減らして、排便しやすくさせる効果があります。

 

数分程度で効果が見込めるため、生理前の一時的な便秘の際には力強い味方となるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

3:オリゴ糖を摂取する

 

生理前 便秘 症状 改善

 

生理前の便秘の改善が期待できるものとして、「オリゴ糖」があります。

 

オリゴ糖は、腸内環境を整える働きを持ち、特に善玉菌として有名な「ビフィズス菌」の繁殖を手助けしてくれる効果があるのです。

 

ビフィズス菌は、腸のぜんどう運動を強化する動きを見せるため、排便をスムーズに行うために欠かせない腸内細菌とも言われており、様々な商品に含まれていますよね。

 

オリゴ糖は、安価で純度を高めるのが難しいという側面を持っているので、市販されているものはほとんどが液体(ハチミツのような状態)で、食品にかけて摂取するのが一般的。

 

後述しますが、善玉菌を増やしてくれる「ヨーグルト」に付けて食べるという方法が、一般的に知られる摂取方法です。

 

自然の食品成分であるオリゴ糖は、過剰摂取さえしなければ体に害になるということはありません。

 

中長期的に腸内環境を整えたい場合には、オリゴ糖の摂取を継続的に行うようにしてください。

 

 

4:腸内の善玉菌を増やす

 

生理前 便秘 症状 改善

 

生理前になると便秘になりやすいのですが、それ以前から慢性的な便秘の症状を持っている人は、生理前になると特にひどくなります。

 

原因とした挙げられるのは、「腸内環境の悪化」です。

 

オリゴ糖は、腸内細菌を増やす作用がありますが、慢性的な便秘に悩まされている人は、元々腸内にいる善玉菌の数が非常に少なくなっている可能性があります。

 

これではオリゴ糖だけでは、腸内環境を整えることは難しいので、外部から腸内善玉菌を摂取しなければいけません。

 

ビフィズス菌はヨーグルトなどから摂取できますが、胃酸で半数以上は死んでしまうと言われており、「ヨーグルト」だけを食べていれば良いという問題でもないんですね。

 

そこでオリゴ糖と一緒に摂取するという方法を、先ほど紹介しました。

 

この2つをプラスすることにより、生理前の便秘の改善は期待できるのですが、それでも不十分だという場合もあります。

 

胃酸に攻撃されないように、善玉菌を腸内に届けるには「サプリメント」による摂取が理想です。

 

サプリメントを経口投与すると、胃酸で周囲のカプセルが溶けて、腸内に届く頃にカプセル内部に含ませてあったビフィズス菌が出てくるので効率よく腸内に届けられます

 

最近は市販やネット通販などで、善玉菌を摂取できるサプリメントなどが紹介されていますので、それらを用いてみましょう。

 

 

5:規則正しい生活を送る

 

生理前 便秘 症状 改善

 

生理前の便秘の症状を改善したいなら、やはり「規則正しい生活」は欠かせません。

 

腸内の環境悪化を防ぐには、日ごろから食生活に気を付けて、睡眠の質を高めるなどの行動を取る必要があるでしょう。

 

体内環境は100日かけて変わっていくと言われていますので、サプリメントやオリゴ糖の摂取は100日ほど続けなければ意味がありません。

 

さらに、オリゴ糖やサプリメントは間接的な意味合いでしかなく、残念ながら根本的な改善が見込めるものではないのです。

 

根本的に生理前の便秘を改善したいなら、日ごろの生活を見直すのが一番の方法と言えるでしょう。

 

忙しいのを理由にして、栄養バランスが偏っていませんか?

 

ファストフードや肉、お菓子ばっかりの生活では、腸内環境が崩れてしまうのも無理もありません。

 

まずは食生活を見直して、改善できる点は少しずつ変化させていきましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

生理前に便秘になる原因や、改善方法などについて見ていきました。

 

個人差はありますが、多くの女性に見られる生理前の便秘。

 

ツライ症状を改善するには、規則正しい生活を心掛けることが大切なんですね!