【超重要】生理前の肩こりや首の痛みの原因と4つの対策方法

生理前 肩こり

 

生理前になると、肩こりや首の痛みが悪化することってありませんか?

 

毎月同じ時期にひどくなるという方は、生理前が一つのキーワードになっているかもしれません。

 

疲れやストレスのせいだと思っているのはただの勘違いかも・・・

 

では、どうして生理前になると、肩こりや首の痛みを感じてしまうのでしょうか?

 

また、その対策方法としては、どういったものがあるのでしょうか。

 

 

生理前に肩こりや首の痛みが発生する4つの原因

 

生理前 肩こり

 

生理前に感じる肩こりや首の痛みは、かなりシンドイですよね…。

 

日常生活に支障が出る場合もありますし、他の症状と合わさることにより、不快感はさらに高まります。

 

生理前になると、肩こりや首の痛みを発症させる原因としては、以下の通りです。

 

  1. 月経前症候群
  2. ストレス
  3. プロスタグランジンの増加
  4. 免疫力の低下

 

それぞれが関係しているので、しっかりと把握しておきましょう!

 

 

1:月経前症候群

 

生理前 肩こり

 

月経前症候群の症状は様々ですが、以下のような症状があります。

 

  • 肩こりや首の痛み、頭痛や目の痛み、吐き気や倦怠感
  • 腰痛や関節痛、下腹部の痛み
  • 乳房の張りや痛み
  • 便秘、下痢、イライラや不眠

 

この症状がどうして起こるかというと、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の分泌量が増えている為です。

 

黄体ホルモンは、排卵後から生理直前にかけて分泌量が多くなり、体に様々な影響を与えます。

 

妊娠していても良いように、その準備を進める関係で、栄養や水分を体に蓄えるので、むくんだり体重の増加が見られるのです。
さらに女性ホルモンのバランスが崩れるので、自律神経が乱れ、イライラや倦怠感、不眠症になる可能性も高くなります。

 

さらに自律神経が乱れると、血流の流れも悪くなってしまうので肩こりや首の痛み、頭痛なども起こると考えられていいます。

 

これらの症状に心当たりはありませんか?

 

あったならば、月経前症候群の一つですから、特に重大な病気が隠れているワケではありませんよ。

 

 

2:ストレス

 

生理前 肩こり

 

生理前に肩こりが悪化する原因として、「ストレス」は十分に考えられます。

 

ストレスを受けた体は常に緊張状態になり、肩がいつもより凝ってしまうんです。

 

他にも腰痛が悪化した、り急に頭痛に悩まされるのもこのストレスが原因である可能性は高いと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

緊張状態になると肩こりが起こりますし、何もしないで座ったままパソコンなどをしていたら肩が凝りますよね。

 

生理前はやる気も出ないでしょうから、座ったままになることが多くいつもより体温変化も激しく肩が凝りやすい状態になっているんです。

 

動けば体内でカロリーが燃焼されるため体温が高くなりますが、動かなければ体温は高くならないので、血行不良を引き起こして肩こりや首の痛みが生じるのです。

 

生理前は、どうしてもイライラしやすくなり、ストレスが溜まりやすいですよね?

 

すると体の不調はさらに悪化するので、できるだけストレスを溜めないような生活を送ることが大切です。

 

 

3:プロスタグランジンの増加

 

生理前 肩こり

 

生理前から生理中にかけて分泌量が増える物質が、「プロスタグランジン」です。

 

この物質は、子宮の収縮を促して経血を体外へ排出するという、非常に重要な役割を持っています。

 

しかし分泌量が多すぎると、血管収縮を引き起こすので血行不良となってしまうのです。

 

元々体が冷えやすい体質の人は、生理前になると冷え性が悪化することに悩んでいる場合は多いもの。

 

プロスタグランジンが増加して、血行不良になれば、当然肩こりや首の痛みというものを感じてしまいます。

 

どうして分泌量が増えるのかは不明な点が多いのですが、生活習慣や食生活などが大きく関係しているのではないかと考えられているようです。

 

 

4:免疫力の低下

 

生理前 肩こり

 

黄体ホルモンが分泌されると、体温が高い状態が続きます。

 

人によっては「微熱」を感じる場合もあり、体がダルくて動くのも嫌になってしまうほど。

 

こういった生理前は、気持ちも落ち込んでしまい精神的な疲れが溜まりやすい時期でもあるんですね。

 

精神的な疲れは、自律神経を乱れさせるので「睡眠」に大きな影響を与えてしまいます。

 

一般的には寝つきが悪くなり、それが長く続くことによる「不眠症」がもっとも多いですね。

 

不眠症になれば、十分な休息が取れていないので免疫力が低下して、体調不良を引き起こしてしまいます。

 

体調不良になれば、血行不良に繋がるので肩こりや首の痛みといった症状が出てしまうという訳です。

 

できるだけ生理前は睡眠時間を多く取る工夫が必要となるでしょう。

 

 

生理前の肩こりや首の痛みに効果がある4つの対策方法

 

生理前 肩こり

 

生理前に起こる、肩こりや首の痛みは耐え難い苦痛を与える場合もあります。

 

特にデスクワークをしている人にとってみれば、この症状は仕事に影響が出ることもあるので、どうにかしたいと思いますよね?

 

生理前の肩こりや首の痛みの対策方法としては、以下のものが挙げられます。

 

  1. 体を冷やさない
  2. 軽い運動をする
  3. 血行促進体操をする
  4. お風呂にゆっくりと浸かる

 

基本的には、「体内の冷えを無くす」という点に基づいています。

 

次から詳しく対策方法を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

1:体を冷やさない

 

生理前 肩こり

 

生理前の肩こりや首の痛みを対策するために共通する点として、「体を冷やさない」というものが挙げられます。

 

体が冷えると、血管が収縮するため手足の先まで十分に血液が届かなくなり「冷え」を実感するでしょう。

 

特に冷え性の体質を持っている人は、生理前になると症状が悪化しやすくなり、肩こりや首の痛みも尋常じゃないほどになるケースも…。

 

体を冷やさないため、どういった行動を取るべきなのか、気になるところですよね?

 

一番良いとされているのは、「体が温まる飲み物」を飲むということ。

 

気軽にできるので、すぐにでも試せますよ!

 

体が温まる飲み物として代表的なのは、「生姜湯」ですね。

 

生姜は熱を加えることによって、「ショウガオール」と呼ばれる成分が作られ、この成分には血流を良くする効果があります。

 

作り方はとても簡単ですので、以下の例を参考にして作ってみてくださいね。

 

 

1−1:生姜湯の作り方(用意するもの)

 

  • 生姜チューブ:4cm
  • 水:200ml
  • ハチミツ:大さじ1杯

 

 

1−2:生姜湯の作り方(手順)

 

  1. 水200mlに、生姜チューブ4cmとハチミツを大さじ1杯入れる
  2. レンジで2分ほど温める
  3. 常温に少しおいて、飲む
  4. 1日2杯を目安にする

 

 

2:軽い運動をする

 

生理前 肩こり

 

肩こりや首の痛みを生理前に感じる人は、日ごろから運動をしていないケースがほとんどです。

 

運動をしていないと、筋肉量が落ちるので血液の流れが常に悪くなる傾向があり、ちょっとしたきっかけ(生理前など)で、すぐに肩こり等が起こってしまいます。

 

まずは筋肉量を増やして基礎代謝を上げるという点を重視して、それに向けた行動を取れば生理前だからといって、肩こりや首の痛みがヒドくはなりません。

 

では軽い運動というのは、どういったものを指すのでしょうか?

 

一例ですが以下に挙げているので参考にしてみてください。

 

  • 電車やバスを使わず、徒歩や自転車を利用する
  • 早歩きを心掛ける
  • エスカレーターは使わず、なるべく階段を利用する
  • 歩くとき、太ももと腕の筋肉を意識する

 

運動と聞くと、激しいものばかりを想像しがちですが、そんなことはしなくて大丈夫。

 

日常生活に少しプラスして体を刺激させるだけで、運動効果が付加されます。

 

実はちょっとでも行動を意識的に変化させるだけで、それはもう立派な「運動」になるんですね。

 

ジムに行く必要もありませんし、ランニングやジョギング、激しいスポーツをする必要もありません。

 

毎日の生活に工夫をするだけで、軽い運動は達成できるので、試してみましょう。

 

 

3:血行促進体操をする

 

生理前 肩こり

 

首の痛みを改善できる体操があります!

 

その名も「首の痛み改善体操」で、いたって簡単な体操。

 

まず、腕を上げて左右にゆっくりくるくると回し、片方ずつ行います。

 

肩を上下に上げ下げしてそれを順番に5セットほど。

 

そして、首はぐるぐる回すのではなく、上下左右に傾けるというのを5回やってください。

 

どれもゆっくりやってくださいね。

 

あくまでも「緊張をほぐす」ということが大切です!

 

ちょっとした隙間時間にできる、血行促進体操で首の痛みと肩こりを改善しましょう。

 

 

4:お風呂にゆっくり浸かる

 

生理前 肩こり

 

月経前症候群に、「お風呂」はとても良い改善場所!

 

ストレッチや体操も良いですけど、やっぱりお風呂で体を温めてからの方が効果的です。

 

お風呂でマッサージをして血流を促進したり、ゆっくり湯船につかって代謝を促進させましょう。

 

もし湿布を使って温めたいなら「温湿布」がおすすめです。

 

生理前に体を冷やすことはタブー!出来るだけ温めながら治していきましょう。

 

お風呂は単に入れば良いという訳ではなく、様々な工夫をする必要があります。

 

血行促進をして、体を温めるためのお風呂の入り方の注意点は次の通りです。

 

  • お湯の温度は38〜40度、ぬるめ設定にする
  • 全身浴を10分したら半身浴を10分を2セット、合計40分入浴する
  • 好きな香りのアロマオイルを置くと効果をさらに高められる
  • スマホや本をお風呂で見るのは、リラックス効果を低減させるのでNG!
  • 目をつむり、気持ちを落ち着かせるのが理想

 

こういった注意点を参考にしながら、体の温まるお風呂を楽しみましょう!

 

 

いかがでしたか?

 

肩こりや首の痛みが、生理前に悪化する原因と対策について見ていきました。

 

対策についてはどれも効果が期待できるので、自分が始められそうなところから実践してみてくださいね。

PMSサプリおすすめランキング!優秀なサプリメント3選


女性のミカタ
女性のミカタは、2種類のサプリがあります。

・下腹部が痛い、頭痛がするなどPMSの身体的症状により効果的な“すこやか編“

・イライラや情緒不安定など精神的な症状に効果的な“やすらぎ編”

チェストベリーと月見草オイルの含有量が変わってきますので、自分に合う方を選ぶと良いでしょう。

価格

容量

評価

通常1,833円+税・送料

定期コース初回907円+税

2ヶ月目以降1,650円+税

60粒(1ヶ月分)

生理前 肩こり

生理前 肩こり


ルナベリー
ルナベリーはPMSの症状に効果的なチェストツリーが40mg、月見草オイルが100mgも配合されています。

飲み続けていくことで効果を実感できると、リピーター率も抜群に高いです

4ヶ月試して効果がなかった人のために、全額返金保証もついていますので安心して試すことができますよ!

価格

容量

評価

通常価格4,400円

トクトクコース初回500円

2ヶ月目以降3,960円

30粒(1ヶ月分)

生理前 肩こり

生理前 肩こり


めぐルナ
めぐルナは生理前の不快な症状の中で、不眠や便秘気味の方にもっともオススメしたいサプリメントです。

チェストベリーやクワンソウ、高麗人参、生姜などこだわり抜いた原料は、体質改善にも効果があります。

添加物が入っていないのも嬉しいポイントですよね!

価格

容量

評価

通常価格5,200円+税・送料

定期コース初回980円+税

2回目以降3,980円+税

31粒(1ヶ月分)

生理前 肩こり

生理前 肩こり



スポンサーリンク



他にこんな記事も読まれています


生理前 肩こり
辛い生理痛は病気…?生理痛がひどい場合に考えられる3つの病気


生理前 肩こり
生理前に症状がないのはおかしい?!症状がでない5つの原因とは


生理前 肩こり
【眠気対策】生理前の症状、「眠気」を解消する6つの方法


生理前 肩こり
PMSの辛い症状をサプリで改善!PMSに効果があるサプリ3選


生理前 肩こり
生理前の便秘の症状を改善する5つの方法


生理前 肩こり
生理前に腹痛が起こる原因と5つの改善方法


生理前 肩こり
もしかして妊娠?生理前の症状と妊娠兆候を見分ける4つの違い!


生理前 肩こり
生理前の頭痛の症状を和らげる5つの方法


生理前 肩こり
吐き気がヒドイ…生理前の吐き気の症状を緩和する4つの改善方法


生理前 肩こり
生理前の微熱症状が辛い…微熱や吐き気の原因や対処法


生理前 肩こり
【重要】生理前の食欲異常の症状を改善する4つの方法


生理前 肩こり
生理前の腹痛がツライ…!生理前に腹痛や下痢が起こる5つの原因


生理前 肩こり
【重要】生理前の食欲異常の症状を改善する4つの方法