生理前の腹痛がツライ…!生理前に腹痛や下痢が起こる5つの原因

生理前 腹痛 原因 下痢

 

生理前に、腹痛で悩まされた経験を持つ人は多いのではないでしょうか?

 

また、生理に伴い下痢が起こるという方がたくさんいますが、腹痛とはどういった関係があるのか疑問に感じるところです。

 

どうして生理前になると、腹痛や下痢をしてしまうのでしょうか?

 

 

生理前に腹痛や下痢が起こる5つの原因

 

生理前 腹痛 原因 下痢

 

生理前に発生する腹痛の主な原因は、以下に挙げるようなものです。

 

  1. 生理痛
  2. 黄体ホルモンの増加
  3. 妊娠超初期症状
  4. プロスタグランジンの増加
  5. 身体の冷え

 

どれも深い関係があると言われていますので、次から詳しく見ていきます。

 

 

1:生理痛

 

生理中に起こるお腹の痛みを「生理痛」と呼びますが、月経が原因で見られる頭痛や腹痛、乳房痛などを総合的に「生理痛」というようです。

 

ほかにもめまいや吐き気などの症状がありますが、生理の痛みには個人差があります。

 

全く生理痛がないという方もいれば、寝込んでしまうほどの痛みを伴う人も。

 

いずれにしても、生理前に起こる腹痛は主に「黄体ホルモン」が原因です。

 

黄体ホルモンが急激に増えるその過程で、腹痛が起こってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

2:黄体ホルモンの増加

 

黄体ホルモンとは子宮内膜を変化させ、受精卵の着床をスムーズにするなど、妊娠の準備をするよう女性の体を変化させる働きを持ったホルモンです。

 

妊娠を維持させる働きもあり、黄体ホルモンが原因で様々な症状が起こります。

 

主に黄体ホルモンの急増が原因で自律神経のバランスが崩れ、頭痛や腹痛、イライラやだるさなどが引き起こされるのです。

 

黄体ホルモンは生理が始まると急激に減っていくので、生理開始とともに症状が消えていくのはこれが原因!

 

 

3:妊娠超初期症状

 

生理前に起こる腹痛、その原因は「妊娠超初期症状」かもしれません。

 

妊娠6週未満の人に起こる、身体的な様々な症状を総合的に「妊娠超初期症状」と呼んでいます。

 

生理前の月経前症候群と、妊娠超初期症状は区別するのが非常に難しく、厄介なことに発症しないケースも多いため、個人差が大きいんですね。

 

妊娠に成功(着床)すると、胎芽を育てるべく子宮が収縮を繰り返します。

 

この収縮運動が「腹痛」として出ているのではないかと、現在のところ考えられているのです。

 

妊娠から出産に向けて、体は大きく変化していきます。

 

その流れで、様々な物質が分泌されるため腸の働きが鈍くなることも。

 

すると便秘や腹痛を引き起こすのです。

 

 

3−1:妊娠超初期症状の腹痛の特徴

 

生理前に訪れる腹痛が、妊娠超初期症状なのか、月経前症候群によるものなのかは、痛み方ではあまり判断できません。

 

痛みだす時期が少し違うので、そこでの把握であれば可能だという見方もありますが、痛み方ともなれば難しいのが現状。

 

それでも違いを挙げるとしたら、以下のようなものでしょう。

 

  • 子宮のあたりが、チクチクと痛む(鈍痛がある)
  • 子宮のあたりが、ムズムズといった違和感を感じる
  • 恥骨周辺が痛い
  • 下腹部を引っ張られるような痛みがある

 

痛み始めたら、1日中痛くてたまらない場合もあれば、数時間でケロっと治る人もいます。

 

月経前症候群とは、痛みを感じる「場所」が若干違うので、そういった違和感を便りにして見極めることも可能かもしれません。

 

 

4:プロスタグランジンの増加

 

生理前の腹痛に伴い、下痢便秘などの症状が起こる方も多いようです。

 

黄体ホルモンは子宮だけでなく、神経や内臓の機能にまで影響を与えます。

 

特に生理が始まる直前は体内で合成される「プロスタグランジン」という物質が増え、血圧や血流などへも作用し全身の炎症や痛みが起こる可能性があります。

 

このプロスタグランジンが分泌される量は個人差があるので、この物質の量に伴い生理痛が起こります。

 

少ない人は当然、生理痛も少ないですし分泌量が少ないからと言って特に問題はありません。

 

スポンサーリンク

 

5:身体の冷え

 

生理前は体の冷えが起こります。

 

その冷えのせいで、自律神経が乱れて下痢が起こっているかもしれません。

 

生理前は体を冷やさないよう、暖かい格好をした方が良いですね。

 

また、お腹を下すような食べ物は避けるようにしましょう。

 

例えば水分を腸内に溜めて働きの悪い腸を更に刺激してしまうような、果物お菓子は避けるべき。

 

冷たい飲み物やコーヒーなども、控えたほうがベストです。

 

 

生理前の腹痛や下痢を悪化させる習慣

 

生理前 腹痛 原因 下痢

 

腹痛や下痢が起こっているときに下記のことをすると症状が悪化してしまう可能性があります。

  1. 疲れやストレスを溜める
  2. 過度な食事制限や運動を踏まえたダイエット
  3. 睡眠不足や夜更かし、間食や偏食などの不規則な生活
  4. 飲酒や喫煙(多すぎるとNG
  5. 体調を崩すような生活習慣
  6. 入浴後睡眠中に体が冷えるような格好をしている

 

こうした習慣は、生理前にはなるべくしないように心がけてください。

 

 

腹痛が起こる時期

 

生理前 腹痛 原因 下痢

 

生理前に腹痛が起こる時期が分かれば、それに向けた心の準備などもできますよね?

 

腹痛の種類によっても変わりますが、おおよそは以下のような時期になります。

 

  • 月経前症候群:生理5日前
  • 妊娠超初期症状:生理1週間前

 

これはおおよその目安であり、個人差が大きいので多少のズレはありますので、参考値として考えてくださいね。

 

 

1:月経前症候群

 

生理前になると、様々な症状が体にあちこちに出てきくるので、気持ちも落ち込んでしまいます。

 

月経前症候群と呼ばれるこの状態は、プロスタグランジンという物質が体内で多く分泌tされるために、引き起こされるのだと言われているのです。

 

プロスタグランジンは、生理が始まる直前に一番分泌量が多くなるのですが、だいたい生理5日前になると分泌量が増えていきます。

 

基礎体温を付けている人は、高温期のピークを越えた辺りが月経前症候群の出始めだと認識してください。

 

だいたい生理の5日前ぐらいから、下腹部が重くなって子宮が痛む(腹痛と感じる)ように。

 

生理が始まると、何事もなかったかのように腹痛は治まりますので、その間までの我慢です!

 

 

2:妊娠超初期症状

 

妊娠超初期症状として腹痛を感じる場合、その時期はおおよそ生理予定日の1週間前です。

 

これは高温期に入ってから1週間後とも言い換えることができ、基礎体温の記録を録っている人であれば、その時期はある程度特定ができるでしょう。

 

受精卵が着床に成功した後、胎芽と呼ばれる状態になりますが、ちょうど腹痛を感じるのはその時期です。

 

この腹痛に前後して、着床出血(少量のおりものがまざった血)があったとしたら、妊娠超初期症状による腹痛の可能性が高いでしょう。